借金を負って最終的には自己破産の道を歩む人は、社会不適合者だと決めつける時代ではもはやありません。

確かに、ギャンブル好きや異性に貢ぐなどして、借りてはいけないような危険な闇金に手を出す方やも少なからずはいるでしょうが、だから自分には関係ない!
という考え方は、とても危険です。

どんな状況で借金を負う事になり、債務整理を視野に入れる羽目になるか、実体験の声から考察していきましょう。

あなたは、本当に大丈夫ですか? 体験談

  26歳独身女性の場合~奨学金返還と自分の夢を追ったAさん~

Aさんのご家庭は母子家庭であり、高校大学と国の奨学金制度である、現在の日本学生支援機構を利用して学校を卒業されました。
卒業と同時に奨学金の返還もスタートしましたが、Aさんは歌手になる夢があり、契約社員の派遣をしながら、音楽事務所に入所を決め、事務所のレッスン代を月々15000円支払い、奨学金の返済も約15000円払っていたそうです。
トータル毎月30000円の出費です。
芸能の道を進むにあたり、ファッションやヘアーネイルサロンなどにもお金が掛かり、月々の給料である手取り約14万円では、家賃生活費を引くとマイナスになる計算ですが、夢を見るAさんはサロンや洋服代をクレジットのリボ払いを利用して生活をしていたそうです。
現金が必要な時は、クレジットカードの借り入れも利用し、全てリボ払いにしていました。
すると、上限金額で借入不可になり、大手デパートで進められたクレジット機能付きカードを契約し、同じように生活をしていました。
リボ払いに設定していても、カードが増えればその分毎月の支払いも増え、悪循環のようにカードを増やしていきます。そうなると支払いが滞る事もあり、カード会社からの催促の連絡が来るようになりました。
催促が怖くなって電話に出ないでいると、全額一括返済を求める通知が来ました。
その金額は一社で50万円。
怖くなったAさんは、自分が契約しているカード会社の全ての借入金を確認すると、なんとトータル100万円以上の借金を背負っている事が判明しました。
勿論、奨学金は返済の猶予を求める事はできますが、他のカード会社は一度連絡を取ずに無視したので、返済の猶予を認めてくれません。
そこで、無料の債務相談をしている司法書士の事務所に相談し、債務整理の依頼をする羽目になったそうです。
彼女の場合は、自分の夢をとりあえず諦め、任意整理という形で、催促の停止と、月々の返済額を1万円までに落とし、返済していく方法を取る事になったそうです。

  40代既婚男性の場合~不景気の減給でも生活レベルを落とせんかったBさん~

Bさんはいたって普通のサラリーマンでした。妻と子供もいる会社員であり、マイホームを持っているわけでもない、社宅暮らしの借金とは無縁の男性でした。
しかし、不景気のあおりを受けて、給料の減給とボーナスカットを受けました。
子供もまだ小さかったために、妻にパートに出る事をお願いすることもできず、しかし、毎年楽しみにしている家族旅行や、自分の愛車のメンテナンス等を辞められませんでした。
クレジットカードも普段からなんの問題もなく利用していましたが、その分の返済が滞り、消費者金融にての借り入れをするようになったそうです。
勿論、妻子には内緒でした。
何とか自分で解決するべく、入っていた生命保険も解約し、子供の学資保険を借り入れに使用したために、ほとんどない状況に陥り、Aさんと同じように弁護士の無料相談へいき、任意整理をすることにしたそうです。
総額はAさんより多く200万円を超えていましたが、将来の利息をカットし、最長5年の分割で毎月の支払いを1/3以下に出来る事と、家族に知られず整理も可能である事から任意整理をする事を選んだそうです。

ご覧のとおり、お二人ともいたって普通の生活をしている方々です。
しかし、返済が滞ったことや、毎月の返済額が上がり、返済が難しくなっていくと、その時点でブラックリストには名が掲載されている可能性があり、お二人とも任意整理を依頼した際には、ブラックリストに名が載る事になりました。
今後クレジットカードなどの借り入れは難しくなるでしょう。

しかし、自己破産するよりは、短い期間でブラックリストから名前を消すことが可能ですし、Bさんの場合は愛車を守る事と家族へバレる事を防ぐことが出来ました。

本当に普通に生活をして、本当に普通に夢を追いかけていても、カードなどの利用方法によっては、いつ我が身に降りかかるか分からないのが、借金地獄という事が出来ます。
まずは、ご自身の支出と収入を考えて、なるべく借り入れを増やさない生活を考えましょう。

もし、誤ってしまった場合は、債務整理を速やかに行う事がどれだけ大切な事なのかという例として、我が身になぞらえ考えてみてください。

任意整理最大のメリット?

当サイトでは、約40件以上の任意整理または借金体験をした方達の体験談を載せています。

その借金をした経緯の中では、ギャンブルに関連して借金が増えてしまったケースが多いようです。パチンコ、パチスロ、競馬、競輪は、もとより株やFXというのもありましたが、給料の減額やボーナスカットなどで生活が苦しくなり借金を支払えなくなった。などの体験談もありました。

「財産のすべてを手放すことなく借金を減らしてもらえた!」
「保証人にも迷惑をかけずに済んだ!」
「思った以上に月々の支払い金額が少なくて済みました。」

借金額を減らせた!住宅を手放さずに済んだ!などの体験談もありました。債務整理の中でも任意整理の件数が多いと言われている理由は、任意整理は、債権業者を選べるということです。

例えばですが、借り入れをしている業者が11件あったとして、8社と任意整理をして残りの3社とは任意整理をしない。ということも出来ます。任意整理を行わない理由としては、その財産を残したい場合が多いです。住宅ローンや自動車ローン、その住宅ローンを組んでいる会社のカードローンなどですね。

住宅ローンを組んでいる債権業者と任意整理をしなければ、他の借金は、整理して支払額を減らせますし住宅ローンは、そのままですので、住宅も残せます。

債務者が、借金額を減らす対象の債権業者を選べるということが、任意整理の最大のメリットです。

クレジットが使えなくなるのは、デメリットではなくメリット!

一定期間は、カードが使えない・・携帯電話の審査が通らないなどのデメリットもありますが、任意整理をした方達のほとんどが、任意整理をして良かった。と言っています。カードが使えないのは、デメリットではなく、メリットだ!とおっしゃっていた方もいるほどです。

任意整理をしようと思い悩んでいる方にとって任意整理の体験談はとても貴重な情報になるのではないでしょうか?

上記のように様々な疑問が出てくることでしょう。当サイトは、そういった疑問の解消に役立つように任意整理に関する体験談を集めていますので是非体験談をご覧になって参考にされてください。

任意整理を簡潔にまとめますと

・取引開始時からを見直し金利を引き下げる

・引き直し計算
利息制限法の上限金利(15~20%)に金利を引きさげて再計算

・その借金を減額し金利をカット!

・元本のみを3年程度の分割で返済する

もちろん貸金業者との和解が必要です。その交渉を弁護士または、司法書士などの法律の専門家が行ってくれます。

任意整理を自分一人で行おうとする方が、いるということを時々聞きますが、個人でするのは、とても難しいことではないでしょうか?弁護士や司法書士に報酬を支払わなくて良いメリットを差し引いても専門家にお願いしてみるもしくは、無料相談ということも出来ますので、それを利用するべきです。

個人で任意整理をするデメリットの理由は、債権者と連絡を取ることが難しいということです。早い話中々相手にしてくれないというのが、現状のようです。ところが、法律の専門家である弁護士や司法書士が交渉に入り受任通知を送った時点で、債権者側も対応せざる負えないでしょう。何よりも督促も止まりますので、専門家に任せるのが、最良の選択だと思います。

任意整理の体験談と借金体験談をご紹介!

借金のことで悩んでいませんか?

任意整理を弁護士や司法書士に相談してみようか?と迷っていませんか?
そんな時は、実際に任意整理をした方達の体験談を読んでみてはいかがでしょう?

任意整理は利息棚上げをすることで毎月の弁済額を長期化し、かつ少なくすることができます。
消費者金融や信販会社との契約内容を変更することになりますが、メリットもあればデメリットもあります。
これらが自分にとってどのような影響があるかを弁護士さんに依頼する前に知っておいたほうがいいでしょう。

任意整理体験談のページはこちら

借金体験談のページはこちら

任意整理を弁護士へ相談して良かった理由とは?

任意整理にはメリットもデメリットもあります。
毎月の返済額が少なくなる半面、ブラックリストに載ってしまいクレジットカードを使うことができなくなってしまうのです。
毎月クレジットカードで水道光熱費などを支払っている人にとっては大打撃でしょう。アパートの支払をクレジットカード払いにしている人も少なくないでしょうが、支払方法を変更する必要があります。
しかし、アパートの中には信用状態を確認するため、クレジットカード決済しか受け付けないこともあります。このような場合は引っ越しを含めた対応が必要です。
とはいえ、このようなことが起きるとは知らずに任意整理を決断する人が多く、弁護士さんに相談して愕然とする人がいるようです。
事前に体験談を読んでおくことで、任意整理後に何が起きるかを予想することができます。

クレジットカードが使えなくてもデビットがあるから大丈夫?

クレジットカードが使えなくてもデビットカードが最近は多くなったから支障はないという人もいます。
しかし、デビットカードは口座残高がないと利用することができません。要するにいきなり現金決済の生活になるのです。
このような生活環境の激変に対応できるかどうかは人によってマチマチでしょう。
事前に体験談を読んでおくことで不安を解消することができます。

任意整理をすると毎月の支払が少なくなり、弁護士費用も分割払いにできるから支払に困ることはないと言われます。
この話に間違いはありませんが、そのようなメリットばかりではなく、クレジットカードもカードローンも使えなくなるデメリットもあります。
それらが自分の生活にどう影響するかは、実際に任意整理をしないとわかりません。
しかし、事前に体験談を見ておくことで、どのようなことが起きるかをあらかじめ知ることができ、不安がかなり解消されるはずです。

Salute法律事務所

樋口法律事務所

岡田法律事務所

任意整理の相談料は無料です

弁護士さんに任意整理の相談をすると相談するだけでお金がかかるのではないかと躊躇する人も多いようです。
しかし、実際にはそのようなことはなく相談無料です。しかも、弁護士費用も分割払いにできることが多いのです。

相談料無料が多い

弁護士さんに法律相談をすると、通常1時間5千円程度は最低でも支払う必要があります。しかし、そのようなお金を支払うことができれば任意整理をしようかと悩むことはないでしょう。
そのため、任意整理を決断しようとしても立ち止まってしまう人が多いようです。
しかし、任意整理などの債務整理を専門にしている弁護士さんは、債務整理関連の相談であれば相談無料にしていることが多いです。
債務に悩む多くの人に接しているため、相談料を取ることが、それらの人たちを遠ざけてしまうことを知っているのです。
そのため、弁護士さんであっても相談無料にしているのです。

弁護士費用も分割できる

とはいえ相談無料でも法律手続をしてもらえば弁護士費用が必要です。
そのことを考えると、やはり任意整理は無理かなぁと考えてしまう人が多いようです
しかし、債務整理を専門にしている弁護士さんは、弁護士費用の分割払いを受け付けてくれます。そうしないと支払ができないことを知っているためです。
また、任意整理をすると債務弁済が一時的にストップするため、分割払いの資金を捻出することもできます。これだけで弁護士費用のかなりの部分を支払うことができます。
任意整理の和解が成立すると、毎月の返済額はかなり減額されますから、残額の弁済も容易です。こうしてすぐに弁護士費用の支払も終了し、後は自分の生活を立て直すことを考えればいいのです。

任意整理をすると今まで返済していた債務返済がすべてストップします。
ストップしている間に今まで返済していた金額を弁護士費用に充てることができます。
弁護士費用は高いと言われていますが、結構このようなことができるため、支払に負担感を覚えずに任意整理を弁護士さんに依頼することができるのです。

任意整理に関しての疑問

弁護士費用はどのぐらいかかるのか?

必要な書類は?

任意整理を行ってのメリットとデメリットは?

任意整理後の借り入れは出来るのか?

任意整理の返済期間は・・?

ブラックの期間は?

任意整理後はどうなるの?

任意整理をできない場合は?条件はあるの?

任意整理の流れは?

家族や会社にに内緒で出来るの?

任意整理 お金を借りたい

どのくらい減るの?

月々の返済額は?